リハビリ後の小さな楽しみ(2023年11月)

月に1度の脳神経内科での診察とセットで同病院にてリハビリトレーニングを受けております。


約30〜40分程度のリハビリですが、リハビリというよりは筋トレ・ピラティス要素の高いなかなかハードなものなので
冬場でも汗をかくくらいの運動量になります。
特にトレーニングが苦手で、軽めのウエイトを使ってはいますが毎回気合を入れないとなかなか辛いものがあります。


元々運動自体がそんなに好きな方ではないので、リハビリを頑張った後は必ず同病院の休憩室でおやつタイムを取るようにしています。
他県ナンバーの車が駐車場にずらっと並ぶような国立の大きな病院ですが、自然の中にぽつんと建っているのと、病院の至る所に飾られている
子供たちの自由な絵画のせいでしょうか、前に通っていた街中の大きな病院とは比べものにならないくらい居心地が良く(前病院の時は
診察後にはとても暗い気持ちになり一刻も早く外に出たいと思ったものでした)
月に何度かのリハビリ後のおやつタイムがとても楽しみなものになっています。

リハビリはハードですが、言葉を覚えた手の小さな子供たちが一生懸命数を数えながらリハビリを頑張っている声はとても大きな励ましと
なっています。色々な人が何かを抱え、それと向き合っている。私も今の自分と向き合い、小さな「楽しい」を見つけながら日々を
過ごしていこうと思えるのでした。

PDと診断されるまで色々な病院を巡り行き着いた先の今の病院。ほんとうに巡り合えて良かったと思います。(2023.11.23 HP管理人 寿)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA